組織開発コンサルティング/システムコーチング/女性と組織の活性化

メニュー

kao coaching space > システムコーチング®

システムコーチング®

組織のコミュニケーションの問題、人と人との対立、企業風土改善に
システムコーチング®とは

2人以上のメンバーで構成されたチーム、組織に対してアプローチするコーチングです。
従来の1対1のコーチングやグループコーチングと大きく違うのは、そこに「関係性」という概念が存在すること。「システム」とはこの関係性を指しています。チームにとって望ましい関係性への変化に向けてコーチが働きかけます。



1対1のコーチング、グループコーチング、システムコーチング®の違いのイメージ
 
どんな場合に効果的か

  •  チームに一体感を生み出したい
  •  新しいチーム、プロジェクトなど早急な成果を求められている
  •  部署間の摩擦をなくしたい
  •  組織のステージを上げたい(例:トップダウンからチーム主導の組織にしたい)
  •  組織風土を変えたい
など、関係性の課題が発生するところに効果を発揮します。

 
人と人とがつながり合うために

「これが言えたらもっとチームがうまく行くのに。」
「こう出来たら本音のところで分かり合えるのに。」
「意見をきちんと受け取ってくれたらチームとしてもっとよくなるのに。」
そうは言っても、本音と本音で話し合うことは、ときにひるんでしまうような恐ろしさを伴います。感情が溢れ出したり、言葉のコントロールが効かなくなったりする経験は誰しも持っていることでしょう。
システムコーチング®では、コーチが安全な場を作ることによって、大きく主張する声だけでなく、小さな心にある声を出していけるように促し、お互いの理解が深まるよう働きかけます。

システムコーチング®ではどのような声も等しく扱う

 
システムコーチング®独特の視点

システムコーチング®では、関係性を含むチーム(システム)を生き物として捉えています。 システムが生き物としてどんな存在なのか、どんな動きをしているのか、どうなりたがっているのか、何を課題と感じているのかをチームメンバー全員が自覚し、かつ共有することが出発点となります。

 
結果が出せるチームの5STEP
STEP1互いを知り、信頼関係を築く
メンバーの強みも弱みも認め合う
STEP2本音で話し、衝突を恐れない
目的を達成するための建設的な衝突ができる
STEP3決定事項に全員がコミットする
自分のアイデア、意見が採用されなくても決定事項には心から賛同し責任を持つ
STEP4結果を最大にするために耳に痛いことも口にできる
責任が果たされていない場合、メンバー同士指摘しあう
STEP5ALL for ONE ONE for ALL(チームはみんなのためにみんなはチームのために)
個人の立場よりチームの目的が優先される
 
ご契約までの流れ
まずはお問い合わせください。必要に応じて、その後お電話または面談にてご相談を承ります。
御社にベストな組織開発コーチングプランをご提案いたします。
お問い合わせ
 
【関連ページ】
エグゼクティブコーチング・・・社長・役員・部課長など企業幹部への個人コーチング
システムコーチング®・・・会社の組織の関係性に直接働きかけるコーチング
研修・・・受講者参加型の体験学習研修

川添 香(かわぞえ かおる)