組織開発コンサルティング/システムコーチング/女性と組織の活性化

メニュー

kao coaching space > お客様の声 > 組織開発コーチング > 『もう一度頑張れる』と思うようになりました(代表取締役社長 梶本丈喜様 50代男性)

『もう一度頑張れる』と思うようになりました(代表取締役社長 梶本丈喜様 50代男性)

kao-voice-01(株)ケーイーコーポレーション代表取締役社長 梶本丈喜様 50代男性
経営者として自信をなくしていましたが、『もう一度頑張れる』と思うようになりました。

友人が半年の間に2人も急死してしまい、また、仕事においては自信を損失し、1年ほど、とにかくやる気の出ない状態を続けていました。
川添コーチと出会ったのはそんな折でした。自ら望んでコーチングを受講した訳ではありません。ある方から紹介されて、「このままではこの先自分がどんどん駄目な人間になってしまいそうだからまあ自分がどう変わるかやってみるか?」位の気持ちでスタートさせて頂いたのが本音です。今考えるとあの時、自分のどこかにまだ自己改革を望む潜在的な欲求が残っていたからこそ、前向きに考えられたのだと思います。
受講当初は単なる受身でした。とにかく川添コーチに全て身をゆだねる気持ちからの開始でした。しかも、自分の秘密にしている事や悪い自分をさらけ出す勇気はありませんでした。

そんな私ですが、コーチングを開始して3回~4回目位の時、「心の奥底に眠っていた自分の恥部を聞いてもらってすっきりしたいな」と感じ、初めて打ち明けました。その時からです。ちょうど氷山の様に90%以上隠れた自分の強みや良い所に気づくようになりました。
コーチングを継続して、今私が感じているのは、コーチングは人間性の良さを引き出してくれるすばらしい指導であるということです。しかしながら、その効果を享受するには、受講する方に”素直さ”があることが大切な要件であります。素直な気持ちがちょっとさえでも残っていれば人はきっと救われると思います。

会社は未だ改革途上の真只中にありますが未来に向かって従業員と楽しく挑戦しています。
これも、川添さんに「他人と過去は変えられない。変えられるのは自分と未来だけ」ということを教えていただいたおかげで、「人を変えようとしたらまず自分が変わればいいんだ」という事に気づいた結果だと思います。
私は、コーチングを受けることによって、自分が少しずつ良い方向に進化していることを実感できるようになりました。ありがとうございました。

川添 香(かわぞえ かおる)

組織開発レポート
新着記事