組織開発コンサルティング/システムコーチング/女性と組織の活性化

メニュー

kao coaching space > 女性管理職の方へ

女性管理職の方へ

独りで悩んでいませんか?

管理職の私、妻である私、母である私、40代これからの私。
 
女性管理職の方へ、独りで悩んでいませんか?

多くの女性は家庭を持ちながら、男性の中でお仕事をされているかと思います。
「家庭を持ちながら、子どもを育てながら」という状況から、働く女性は男性以上に高い壁があったり敵が現れたりします。(同性であっても!)
つまり、女性はそれを乗り越えるために男性以上にエネルギーを必要とされているのです。

企業さんに伺うと、そこにはキラキラ輝いて働く女性たちがいます。
40代ともなれば、管理職として数字を追ったり、責任の重い仕事を任されたり、部下をもってチームをまとめている方もいらっしゃいますね。

 
女性管理職の方へ仕事でバリバリ働くあなたは、とても魅力的です。
でも、どこか頑張りすぎていることはないでしょうか。  

私が知っている女性管理職の方たちは、とってもエネルギッシュです。
でも、実は部下の育成で悩んでいたり、ご自分の子育てで悩んでいる方も多くいらっしゃることを知るようになりました。

 

40代といえば、仕事の責任が重くなっていることに加え、幼いころとは違う子育ての悩みが出てくる時期と重なります。子供たちは自立を始め、がむしゃらに動けばなんとかなった時期とは違う悩みが生まれてきます。
加えて夫婦関係においても今までとは違うものを感じ始める方が多いようです。

 

つまり、40代以上の女性管理職の方は、仕事も家庭も子育ても変化の時期を迎えているということです。

 

しかし、会社では自分は上司で部下の相談に乗らなければならない立場であり、家庭では、夫に相談しようにも、同じように会社では中堅の立場。忙しくてなかなか話をする時間も取れない。
 
悩みの相談をしようにも、苦しさを吐き出そうにも、ふさわしい相手がおらず、ひとりで悶々としている・・・
そんな中で自分の生き方についても見失いそうになっていることもよくお聞きします。
 
私は、そんな家庭業もマネージャー業もこなす女性の生き生きとした本来の力を発揮するお手伝いをしたいと考えています。

 
コーチング中KAOコーチある女性管理職のクライアントさんがいます。
その女性は、本来ご自分の仕事を持っていましたが、ご主人が起業されたことでご主人の仕事を手伝うようになりました。
 
その女性の口癖は、
「私は仕事に巻き込まれた被害者なんです」
 
ふだんは生き生きとお仕事をされているのですが、何かあるとすぐ社長であるご主人を許せない、という気持ちが出てきて、それが彼女の心をつらくさせていました。  

何度もコーチングを重ねた結果、その女性は
「以前に比べて、夫を許せないという気持ちになることが減ってきました。”話す”ということは”放す”なんですね。仕事も自分の意思で改めて選び直せたような気がします」
とお声をいただくようになりました。

 

このクライアントさんは、子育て真っ最中です。
そして、夜や休日も働く管理職です。
被害者意識を手放したことで、「子を育てる」「部下を育成する」が自分ごとになり、より楽しくできるようになったとのことです。

 
 

40代を迎えて新たなステージと感じているあなた。
「育てること」「会社のこと」「子どものこと」「自分の人生のこと」etc・・・
コーチングで「話して」「放して」みませんか?

 



川添 香(かわぞえ かおる)